スポンサーリンク

外国人の脇汗意識と対策

Gju4BNyRcVCsCRf1446063406_1446063410
脇汗が気になるのは、日本人だけでなく外国人も同じです。

それでも人種により脇汗の量やワキガ体質には違いがあります。

よく言われているのが人種別に見たとき黒人の殆どがワキガ体質で、欧米人はそれより若干少ない8割程度、我が日本人に関しては1割ほどだそうです。

同じ黄色人種でも中国人や韓国人に関しては、アポクリン腺がないためワキガ体質はほとんどいないとか。

人種やお国によって、ここまで差があるとはちょっと驚きですね。

そんなワキガ大国ともいえる国々の人は、臭いに対する価値観や対策はどのようなものでしょうか。

スポンサーリンク

ワキガや多汗症体質が余計に周囲の目を気にする

欧米人と比較すれば日本人の1割ほどが汗疾患をかかえています。

それでも、それほどワキガレベルが強烈であることも少なく、外国人から見れば気にならない程度でしょう。

しかし、日本人は毎日入浴する習慣や潔癖な国民性であることが、臭いに対する嫌悪感を向上させてしまっているのです。

海外に行ってしまえば、ワキガや多汗症の人も余計なケアを気にせずに過ごしやすくなるのですが・・・

日本に生まれてきた以上、多汗症やワキガ体質を改善させないとコンプレックスを抱えながら生活しなければなりません。

外国人に習う臭い対策とは?

ワキガや多汗症の割合が多い外国ではデオドラントも高レベルと言えます。

ちなみに日本人は、スプレータイプの制汗剤の使用率が高いですが、外国人は直接ワキに塗るタイプを使用していることが多いのです。

日本で極度のワキガ体質に悩む人は、高度技術、高成分の体臭防止効果のある海外製のデオドラント製品を、通販で購入している方も多くいらっしゃいます。

しかし、日本人の体臭レベルや肌質に合っていないなど様々な問題点があるようですが、どうしても日本製の商品で満足できないのであれば試しに使ってみるものいいでしょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ