スポンサーリンク

ミスドライによるワキガ治療

jdUMahhm3wmLWtx39660_1446239663
ワキガや多汗症治療で効果的なのが手術による汗腺除去手術ですが、その代償に術後の傷痕が残ります。

悩みであった多量の汗や臭いは治まりますが、傷痕によってノースリーブや水着が着られないなどの不都合なケースも発生するでしょう。

こうした傷痕は、男性よりも女性のほうがビジュアル的な悩みとして深刻化します。それを避けるためにミスドライという方法があります。

スポンサーリンク

ミラドライとは

ミラドライとは、マイクロ電磁波を脇の下に照射して汗腺を破壊します。

多汗症の原因であるエクリンセン腺や、ワキガの原因となるアポクリン腺を一気に照射して、どちらの悩みも解決することが可能ですが、どちらか気になっている方だけの除去をする人もいます。

多汗症の悩みの場合、皮膚構造的に浅い場所にあるアクリンセンを照射すれば、多量にかいていた脇汗は抑制されます。

一方で、ワキガのニオイ悩みを解決したいならば、もっと深い位置にあるアポクリン腺をしっかり照射します。

方脇わずか30分程度で手術を終わらせることができます。

そしてミラドライ最大の特徴は、汗腺などの水分にだけ反応し効果をあげます。

つまり、汗腺以外の皮下組織には影響を与えないため、周辺への肌荒れをおこす心配はないのです。

ミラドライをオススメしたい人

電磁波で汗腺を照射することで、脇下の不快なニオイも必要以上にかく汗の分泌も簡単に解決してしまうミスドライ。

そんなミスドライがオススメな人は次のような方です。

  • ボトックス注射よりも持続作用のあるものを施したい
  • 短時間で簡潔に施術したい
  • 薄着のファッションを楽しみたいから脇の下の傷痕を残したくない
  • 家族にも会社の同僚にも内緒で克服したい
  • 汗腺除去を徹底したいけど手術となると怖い

ミラドライの副作用

どのような医療器具における施術でも、なんらかの副作用が生じる可能性があります。

ミラドライの場合は、術後に脇の下の痺れや腫れがあげられるでしょう。こうした反応は数日から数週間継続するケースがあります。

スポンサーリンク

このページの先頭へ