スポンサーリンク

ワキガ手術後の臭いの正体は?

wbnsQoqdeLn0AcV1449081159_1449081164
ワキガを手術した後に、新たなニオイに悩まされている人が少なくありません。

  • 手術によって体質がかわり、他のニオイが出てきたのか?
  • ワキガ手術が中途半端に終了してしまったのではないか?

などと勝手に自己判断してしまう方もいるようです。

では実際に、ワキガ手術後さらなる臭いで悩まされるケースはあるのでしょうか。

スポンサーリンク

ワキガ手術後に臭いが残っているケース

手術後に臭いが残る理由はいくつかあります。

まず考えられるのが、手術が失敗に終わり、医師がアポクリン腺を完全に切除しきれていないケースです。

次に考えられるのが、ワキガ手術は成功に終わったけれども他のアポクリン腺がある部位が臭うケースです。

ちなみにアポクリン腺がある部位とは乳首周り、おへそ、陰部などです。

最後は、あまりにも今までワキガ臭が酷すぎて、もともと自分にある体臭に気がつかず、強烈なワキガ臭がなくなったと同時に自己臭が気になりだすケースです。

自己臭といっても汗臭さや脂っぽい臭いなどワキガほどではないけれども、体臭かな?という程度のにおいがする場合があります。

今までと違うにおいに困惑するでしょうけど、人には体臭がありますから、あまり気にせずに過ごしたいものです。

また、人間の体は汗を排出する機能が備わっていますから、ワキガ手術後にワキから汗が排出されなくなっても、その代わりに背中や顔の汗量が増えたという人もいるようです。

それでも、アポクリン腺がない部位の汗はほとんどが水成分ですから、ワキガよりも強烈なにおいにはならないでしょう。

ワキガ手術後のニオイは市販のデオドラント剤でケア

ワキガ手術後のにおいは、市販のデオドラント剤の使用や辛い食事を避けたり、汗を抑制するインナーを使用したりする事でケアできます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ