スポンサーリンク

ワキガというだけで恋愛を諦めるべきなのか?

4f50WpKWh3xnVon1449981643_1449981648
「ワキガ体質のせいで、ずっと恋愛や結婚を諦めていた」なんて事はないでしょうか?

デートする前にシャワーやデオドラントを必死で施しても、脇ばかり気になってデートが楽しめない。なんて経験がある人もいるでしょう。

そして恋愛が密になるほど相手に近づく事が多くなり、ワキガがバレないか不安になるのです。

気にすればするほど、ワキガが気になって汗や雑菌が繁殖しやすくなる負のスパイラルに陥ってしまうでしょう。

いまや、ワキガは治せるものとして自信を持って恋愛をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ワキガのカミングアウトも大切

ワキガである事が相手に知れてしまい、振られてしまうのではないかと不安に思う人もいます。

そのため、自分がワキガだとわかっていても「秘密にしよう」と心に決めている人もいるでしょう。

ですが、もし仮に相手にワキガだと知れて相手が交際を断ってきたとしたら、そこまでの関係だったと割り切り、次の恋愛に乗り換えた方が良いと思います。

ワキガという体質に限らず、人間には知られたくない弱みや悩みはあるものです。
そうしたマイナスな部分までを、しっかり愛せればこそ恋愛は上手くいくのです。

2人の距離が密になったころ「実は私はワキガ体質なの、いまは手術や良い治療薬もあるから改善に努めたいけれども、変わらずつきあってもらえますか?」など、ワキガは治せるという事を前提に話ましょう。

ちなみにスッピンに自信のない女性が、いつもメイクで誤魔化していたとしても、それを相手の前でずっと継続するのは無理ですよね。

ワキガだって同じことで、いつまでもニオイを隠し通すのは不可能です。

ですから、程よい時期のカミングアウトは自分の気持ちも楽になり、前向きな恋愛やワキガ治療と対策ができるのです。

ワキガ手術をした過去を伝えるべき?

ワキガ手術をした過去は、将来結婚に発展しそうならば伝えた方が良いでしょう。

なぜならば、遺伝性の高いワキガは子供が生まれたら、その子に遺伝する事も否めません。いくら自分が手術してワキガを克服できても、子供がワキガ体質の確率はあるのです。

結婚に発展するからには、そうした心構えも大切です。

スポンサーリンク

このページの先頭へ