スポンサーリンク

母乳からワキガのような臭いがするチチガとは

sGaqyqwfrxkRFvz1450618324_1450618329
赤ちゃんに母乳をあげているお母さんの中にも

  • 母乳からワキガのニオイがする
  • 赤ちゃんの口からワキガのニオイがする

と感じていることがあります。

果たしてこの状況はどのようなものでしょうか?

スポンサーリンク

乳輪にもアポクリン腺がある

ワキガの原因となるアポクリン腺は、脇だけに存在するものではありません。

耳の中、性器や乳輪周りにも存在するのです。この乳輪周りの汗腺から出た汗に、雑菌が混じり合いワキガ臭を発生します。

ちなみにこの症状を「チチガ」と呼ぶこともあり、授乳期の妊婦さんの中で珍しい症状ではないのです。

ワキガよりもニオイは強くないのであまり心配はいらないのですが、抵抗力の弱い赤ちゃんが吸う乳首周辺に、雑菌が繁殖しているという意味では清潔を保つことが理想的でしょう。

なぜ授乳期にチチガが発生するのか

もとからワキガ体質の人は、産後のホルモン変化によって乳輪付近のアポクリン腺が活発になるのです。

授乳期はカップ数がアップするほど乳腺の発達が著しくなります。こうした乳腺発達がアポクリン腺を刺激することが、チチガの原因となるのです。

また、母乳パットやサイズの合わなくなったブラジャーなども雑菌繁殖の悪環境です。

赤ちゃんにワキガが移る?

赤ちゃんの口からワキガのニオイがすれば、ニオイは移っているでしょう。けれども体質はワキガか?といえば、決してそうとは言い切れません。

よくワキガ体質の目安となる湿り気ある耳垢状況ですが、ほとんどの赤ちゃんがまだ湿り気のある耳をしているため、乳児や幼児の場合は正確なワキガリスクが把握できません。

授乳期にだけ気になるチチガという症状ですが、副作用の心配なワキガ治療薬などを無理に使用する必要はなく、アルコール綿などで清潔にする程度で大丈夫です。

スポンサーリンク

このページの先頭へ